セールスライティング

今回はアフターコロナ時代に伸びる業種業態について書いていきます。これを知れば、あなたの業界でこのまま頑張っていくべきか、少しやり方を変えるべきか、がわかります。

街中からヒトが少なくなり、リモート化がどんどん進むなか、仕事がなくなった…という業界もあります。特に厳しいのが、店舗系です。

旅行代理店のH.I.Sの澤田社長は「店舗の時代は終わった…」と語っていました。売上は昨年対比99%減。もうお店に人は来ないと判断し、店舗の3分の1を閉鎖することを決定。コロナが終息したら、お店に来店するお客さんも増えるだろう…という感がは厳しいと考えたからでしょう。

また、ギャルブランドのセシルマクビーが全43店舗閉店、うどんすきで有名だった美々卯も全店へ閉店、アパレル大手のオンワードも700店閉店…と大手もバタバタとつぶれています。

逆に売上を伸ばしている業界があります。それはネット通販やネット動画配信サービスなどのオンラインビジネスです。リモートで営業をするシステムを販売する会社が売上をバク上げしているなんて話も聞きます。どんどんオンライン、インターネットを使ったビジネスに移っていることは確実です。

いきなり戻るわけじゃないと思います。長ければ、1、2年以上戻らない可能性もあります。であるなら、戻らない前提、また、オンラインが伸びる前提で、オンラインビジネスをはじめるのは、最高のタイミングかもしれませんね。

■アフターコロナ時代に伸びる4つ業種

1つはセールスライターです。

セールスライター????

あなたはどんな仕事か想像できますか?…

一般の人はなかなか耳にしない職種だと思います。あまり表にでてくる人々ではないからです。

では、具体的にどのような仕事をしているのか?たとえば、商品販売するページの文章を書いたり、セールスするときのメールを書いたり、または、チラシやハガキの文章を書いたりしています。

ただ文章を書くのではなく、どんな文章を書けば、より商品サービスが売れるのか、熟知している人達です。

なぜ、セールスライターが良いのかというと、今までは営業マンが歩いて、お客さんのお宅や会社に行って、商品サービスを販売していました。今は人に会うことなく、ネット上で商品サービスを紹介したり、ホームページで販売する時代です。なので、販売ページが魅力的で売れる文章がかける人が必要になります。サービスを紹介するのもZoomを活用す場合、売れるセールス台本が必要になります。文章でも、動画でも商品サービスを買うお客さんの心理をわかれば、ある一定のパターンで書く、話せば売れるようになります。そこで必要とされるのが、セールスライターです。

オンラインで営業して販売することが機会が増えれば、セールスライターは必要とされます。売れる営業マンはこれからも必要とされると思います。それと同じで、ネットでの販売が盛んになればなるほどセールスライターは必要とされます。

もし、あなたの会社の商品をインターネットで売るのなら、売れる販売ページを作る必要があります。

社長であるあなたがセールスライティングを身につけておくと、売れる販売ページ、売れない販売ページがわかるようになります。部下が作った販売ページやメール、チラシ、広告文を読んで、「あーこれはこうしたほうが良い」とアドバイスできるようになります。

セールスライターの技術を取得するのはある程度時間がかかります。1ヶ月、2ヶ月で身につくものではないですが、ある程度の期間取り組んでいくとあなたの物となり、いつでも売上をあげることができるようになります。

外注で頼むこともできますが、セールスライターの良し悪しを判断するにも、基本的な知識がないと判断できません。これからオンラインビジネスがどんどん盛んになるので、身につけておくべき1つの技術ではないでしょうか。

次回以降に、また、アフターコロナ時代に社長が知っておくべき業種を紹介していきますので、楽しみしておいてください。

無料講座!ネットで売れる仕組みを作る秘訣を動画で公開…

ネットで売れる仕組みを作る無料講座の紹介

  • ネットで商品やサービスを売りたいけど、何から始めた良いかわからない…
  • 知り合いからの紹介だけでなく、新しくお客さんを集める方法を知りたい…
  • お金をかけてホームページを作ったけど、お客さんが集まらない…

と少しでも思っているなら、まずは、この無料動画をご覧ください。あなたがは社長である、あなたが働かなくても、ネットで売上があがる仕組みがわかります!