ホームページ集客
ライバル院に予約を奪われた整骨院…

ある整骨院で施術を受けている時にこんな話になりました。

僕:「外反母趾も改善するんですか?」

先生:「できますよ!」

僕:「外反母趾って、病院でも治らなくて、いろんな病院や治療院をまわる人いるみたいですね」

先生:「そうなんですよ、病院では骨を削ったりする外科手術するけど、根本の原因が改善していないので、再発したりします」

で、

話が続き、以前、外反母趾の方から問い合わせの電話があったそうです。そして、外反母趾の施術してもらえるなら、と予約が入りました。ですが、後日、お客さんより

「他の治療院に予約したので今回の予約をキャンセルして欲しい…」

と連絡が入りました。先生にとっては

「何で他の所に予約したの??…」

というのが疑問で仕方なかったようです。

なぜ、他の治療院に予約したのでしょうか?

この話を聞いて、考えてみました。ここからは推測です。

予約した後にも、外反母趾の治療してくる治療院をネットで調べていた。比較検討した結果、他の院のホームページに外反母趾の施術に関することが詳しく書いてあり、そちらの院ほうが自分にあってそうと、予約をした。

こんな感じではないでしょうか。

ちなみにですね、、、

僕も歯医者さんの予約をキャンセルして、別の歯医者さんに予約したことがあります。

大阪難波で歯医者さんを調べていました。詰め物が取れたので、それを治療してもらうこと、と定期検診を保険でやってくれる歯医者さんを調べていました。

何件かホームページなどをみて、よさそうな歯医者さんに予約しました。でも、その歯医者さんは根管治療、虫歯の神経を治療することが得意な歯医者さんで、マイクロスコープを使った自費治療をメインにやっていました。保険治療も扱っていて、口コミでまあまあ良かったのでとりあえず予約をしたのですが、自費の治療などを勧められるのが嫌だな~と思い、さらに調べました。

僕の目的は、保険で治療や定期検診をしてくれるところでした。なので、もう少し調べていると、ちょうど自分が目的としていたところが見つかり、前回の歯医者さんをキャンセルして後に見つけた歯医者さんを予約しました。

お客さんは、はじめていくお店の治療やサービスに不安を持っています…

はじめて治療やサービスを受けに行くは、本当にこの医院や院のサービスが自分に合っているのかということは不安になります。なので、ネットでけっこう調べます。あなたはどうでしょうか。

自分にあっているサービスなのかなーと。

そのためにも地域密着型の店舗系はとくにホームページにターゲットとしているお客さんが不安と思っていることをしっかり解決できるということを盛り込んでいく必要があります。

ライバルと比較されないくらいに。

ライバルに負けないホームページ戦略

ちなみにこの治療院のホームページどうだったかというと、外反母趾もひざ痛、肩こりなどさまざまな症状を改善します、いうページになっていました。治療の技術はオリジナルで興味深いのですが、この外反母趾ならこの施術で改善します!というページがありませんでした。

本来なら、ほかではあまり改善できない症状や得意な症状はページをわけて作るべきです。

たとえば、ホームページに外反母趾の専用ページを作り、外反母趾がなぜなるのか、そしてどうすれば外反母趾の痛みなどが改善するか、お客さんの悩みや不安を解消できるということをしっかりとした記事、そして実績、つまり外反母趾のお客さんが症状が改善したという声を記載しておきます。

すると、外反母趾で困っている方がこのページを見たら、この治療院に任せようとなるわけです。

地域+〇〇で検索した時にがっつり上位に表示されているのであれば、かつお客さんがこの商品サービスなら自分の悩みが解決できるなと思うページになってるのであれば確実に問い合わせや予約は増えます。

無料講座!ネットで売れる仕組みを作る秘訣を動画で公開…

ネットで売れる仕組みを作る無料講座の紹介

  • ネットで商品やサービスを売りたいけど、何から始めた良いかわからない…
  • 知り合いからの紹介だけでなく、新しくお客さんを集める方法を知りたい…
  • お金をかけてホームページを作ったけど、お客さんが集まらない…

と少しでも思っているなら、まずは、この無料動画をご覧ください。あなたがは社長である、あなたが働かなくても、ネットで売上があがる仕組みがわかります!