整体院の無料体験会チラシ

昨日の夕方、心斎橋のクリスマスモード満開の街灯をきょろきょろと見ながら歩いていました。すると、ふっとチラシを手渡されました 。そういえば、今朝、駅前で府議会議員が配っていたチラシも受け取ってました。なぜか、街中で配っているチラシを受けってしまいがちです。

夕方に受け取ったチラシですが、このコロナ赤信号真っただ中の大阪道頓堀で12月7日にオープンする整体院のチラシです。オープンということもあり、「全身骨盤矯正を無料体験会!!」キャッチコピーがありしっかり作りこまれたものでした。

どこの整体院かな~とチラシを見ていくと、全国38院展開している整体院グループのものでした。なるほどーと納得。おそらく売り方を知っているマーケティング会社に依頼しているか、もしくは自社にマーケティング部隊があるかどちらかだと思います。なぜか?整体師さんがこんな無料オファーを打ち出したチラシを作れるとは思えないからです。

無料体験会に予約!

さてさて、物は試しということでさっそく12月10日に無料体験会予約しておきました。なんせ無料なので。コロナ対策をばっちりして行ってきます。無料だからということもありますが、それより、無料お試しからどんな案内をしてくれるのか、知りたいからです。ボランティアじゃないんので、当然、利益につながるようにかんがえたうえで街角でチラシを配っているわけです。損して徳をとれってことですね。

なぜ、この整体院は無料体験会するの?

お客さんにお店のことを知られていないからです。なので、まず無料でお客さんに商品サービスを提供します!とチラシを配りまくってるんです。化粧品やサプリメントなどのTVCMやネット広告であるように無料や500円お試しと同じことです。それから、無料体験会に来たお客さんに施術したあとに回数券を販売する、次回予約をとる、予約をしないお客さんには案内を送るといったアプローチをしていくんです。

全国に展開していてさらに店舗を増やすわけなので、しっかり新規集客からリピートしてもらう戦略があるはずです。(←をしないと無料体験なんて大盤振る舞いできないですよね。数ヶ月かけて黒字になるように考えているはず)

半額や割引でもイイんじゃないの?

でも、なんで、無料。半額など割引でお客さんに来店してもらったほうがいいんじゃないの?と思うかもしれません。が、それはですね~「無料だったら、一度行ってみるか!」という人が多いからです。1000円より500円より無料のほうが集客ができてると思います。そこそこの規模の院なので、テストをしているはず。無料体験が一番お客さんの来店があったんじゃないでしょうか。

でも、赤字になるじゃん。

そう、赤字ですよ。施術する整体師にお金払っているし、チラシ配りしてもらうのにもお金かかってます。でも、赤字でもいいんです。無料体験会で赤字でも、この整体院にはお客さんの連絡先が残ります。または無料体験のあと回数券を販売するノウハウがあるかもしれません。それでトントンにする考えかもしれません。とうぜん、次回予約をとるためセールスもするでしょう。

お客さんの連絡先が手元にあると…

ハガキやメールを送ったりと何度もアプローチすることができます。これが無料体験をおこなう一番の理由だと思います。無料体験にくる人は多少なりとも体に不調がある人です。肩こり、腰痛、ひざの痛みなどを改善します、って書いてあるわけなんです。絶好調!だけど無料なので来ました。次回お金かかるなら来ません!(キッパリ!)こんなお客さんばかりだと院は困ってしまいます。なので、この全身骨盤矯正の無料体験会をおこなうことで、今後、この院に通ってくれる見込みのあるお客さんの連絡先をゲットしているというわけです。

12月10日、無料体験施術を受けてきました!