大阪王将、コスパ最強!

今日も用事で心斎橋へ。昼イイ感じのランチやっていることないか、Googleマップで探していました。すると1200円くらいでパスタとピザのビュッフェをやっているお店がありました。口コミは多くてこれはイイと思い、行ってみました。

お店の前まできて、チラッと店内をみるとビュッフェをやっている気配がない。お店の奥に料理がおいてあるスペースがあるのかとお店にはいりました。

店員さんに「ビュッフやってますか?」と聞いたところ、「今やってないんです」とのこと。他の店探すのめんどくさかったので、このお店でランチすることにしました。密にならないためにビュッフェなしになったと思います。それなら、Googleマップのメニューにビュッフランチをのせたらあかんやろ…

小盛りの残念なパスタ…

小盛りのパスタ
ランチメニューありましたが、小盛りのpastaと飲み放題付。それでビュッフェとたいした値段が変わらないときた。味ふつう。ホットコーヒーもうすい。あー残念…こんなことをしていて大丈夫なんだろうかとお店を後にしました。

それから、少し用事済まして夕方。

大阪王将コスパ最強!

大阪王将コスパ最強

大阪難波駅に向かう途中、大阪王将の前を通りかかると、店頭のボードに生ビール200円、ハイボール100円(10-19時)。この看板につられお店の中へ。まず生ビールと餃子を頼みました。あいかわらずのうまさ!そしてハイボールと餃子おかわり。お会計は、、、なんと770円!やっす。しかも餃子無料券2枚もくれました。

ランチで行ったパスタ屋との大阪王将のコスパの差はなんや。コロナでお客さんが減った、密にならないようにビュッフやってできないからなのか、このサービス差はヤバい。

大手だからできるんじゃないのと思うかもしれません。いや、大手もきびしいはず。吉野家とか閉店している店ありますよね。大手もがんばって、頭に汗をかいて、どうしたらお客さんきてくれるか、また来店してくれるのか、いろいろやってるんです。店頭のボード、無料券など。

コロナで外出自主が続くと飲食店はやり方変えないぜったいダメになる気がします。だってお客さんがお店にこない、ムダに広いお店、ムダに高い家賃、ムダな人件費がかかる。そのうえ、宅配ピザ屋のようなような宅配専門のお店がどんどん増えてます。

ゴーストキッチンで月商500万円

宅配や持ち帰り専門の飲食店でゴーストキッチンというそうです。坪5坪くらいでスタッフ数名で月商500万円を売り上げてるところもあるそうです。この機会をチャンスととらえて、やり方変えていけるかが、お店を経営している人たちの課題になりそうですね。

あと、コロナ前ですが僕の知り合いが移動式のパスタ屋をやっていました。ワンボックスくらいの車を改造し簡単な厨房を作り、オフィス街にランチ時にいってお店を出すという形です。これが流行って、どこかの会社に売却したという話を聞きました。

今のように外食を控えるようなときに、移動式の飲食店もいいかもしれませんね。人気の飲食店が〇日〇時に〇〇町のどこどこににやってくるとチラシ配る。話題になったら、他の地域でも同じようなことすればいいだけ。

ほかにも有名店のレシピを教えて食材を通販で売る、冷凍食品として売る、作り方をオンラインで教える、などなど、業種を変えて売上あげる方法はまだまだあると思います。

P.S.

他人のことを心配してるけどあんたはどうなの?という意見があるかもしれません。えっ、僕ですか?僕はもともとネットでいろんなもの売ってきたので、ぜんぜん大丈夫!15年くらいリモートです。この状況、自分的には追い風(キッパリ)!