あなたはこの2つのチラシにうち、どっちが欲しいですか?

①お客さんが集まるチラシ

②デザインの良いカッコいいチラシ

もしあなたが商品サービスを売るためにチラシを作るなら、どっちが欲しいですか?商売しているあなたなら当然①を選ぶと思います。僕なら間違いなく①を選びます。カッコよかろうが、見栄えが良かろうが、集客できないチラシはゴミ…

見栄えが良いチラシの罠

「カッコいいチラシを作れば集客できますよ!」これはチラシ制作をするデザイン会社が言う常套句です。でも、少し考えてみて下さい。チラシの成果はどれだけ売れたのか、お客さんが来店したのか、ということではないでしょうか?なので、カッコいいチラシを作るのではなく、チラシを見たお客さんが「これ欲しい!」「このお店に行ってみたい!」と思ってもらえるチラシを作る必要があります。

売上のあがる集客チラシ欲しくないですか?

たとえばこんなチラシです。(内容は企業秘密なのでボカシてます。ご了承ください。)

1年半で累計8億4千万円の売り上げた注文住宅チラシ

・広告費20万円(ポスティングチラシ2万枚)で3500万円の家が3件も売れた!

・このチラシを1年半、15回使って一度もコケたことがない(最低でも1棟は売れた)

5万円の広告費で仲介物件を何度も売ったチラシ

 

業界反応率3倍以上の問い合わせが入る「売却物件募集チラシ」

美容室周辺に1万枚ポスティングして新規客30人集めたチラシ

もし集客できる売れるチラシを作りたいなら…

あなたのかわりに私が作ります!

集客できるチラシ制作の5大特徴

①あなたにしゃべってもらう…まずはあなたにやっていただくことは、「しゃべってもらうだけ」。あなたの商品サービスをヒアリングします。チラシ作りの必要な情報を引き出します。

②コンセプトを決めていく…あなたの商品サービスの売りとなるコンセプトを決めます。「チラシをどんな場面で活用するのか」などヒアリングします。活用方法によって必要なことを明確にしていきます。

③商品サービスの売りが全面にでた文章…コンセプトが決まったら、次はそれに合わせた文章を作っていきます。お客さんの心をつかみ、売れる要素のつめこんだ文章を書いていきます。

④必要な素材を送ってもらう…商品サービスがイメージしやすい画像を送ってもらいます。こんな画像がほしいと依頼します。

⑤チラシを読むお客さんに合わせたデザイン…情報を見やすく整理するのが「デザイン」です。ごちゃごちゃしているチラシは誰も見てくれません。情報を見やすく、分かりやすく整理して、デザインします。

集客できるチラシができたら、使いまわすだけ!(ホームページにも使いまわせます)

お客さんから商品サービスが売れた、予約の電話が増える、ポスティングや折り込みチラシ、手渡し、置きチラシができたら、あとは使いまわすだけ。チラシで予約や問い合わせがあるのは、お客さんの心をつかんだということ。なので、チラシの文章をそのままホームページに盛り込めば、集客できる売れるホームページが完成します。チラシでは表現できなかった、あなたの商品サービスの詳細も掲載できます。このような集客できる売れるチラシに興味があるなら、一度、ご相談ください。